親にとっての子育て?

February 12, 2016

子供の躾についての相談が増えてきました。

 

子供に対してどう接して良いのか分からない親御さんも沢山おられます。

 

教科書が無い子育てです。

 

どう接してあげたら良いのか分からない時は貴方が子供の頃、両親にして欲しかった事を思い出して下さい。通ってきた道です。その道よりヒントを受け取る事があります。

 

子供達にすれば生まれて初めて接する人間が親であり家族だったりします。

 

小さい世界だけど人間学の「はじめの一歩」です。

 

子供には子供の世界があります。

だからだと言葉で伝えるだけに意識が向いていませんか?感情で叱ったりする事は良くありません。子供の目線になり、理由を聞き、例え叱ったとしても叱った理由を伝えてあげて下さい。

 

まだ、子供だからだと理由を伝えても理解できないと親の判断で、子供の理解力を閉じていませんか?子供は子供なりに受け入れていきます。

 

個々の理解力には幅があるかも知れませんが、それでも日々成長をしています。昨日出来なかった事が今日出来るようになったりと子供の成長は早いものです。

 

育児の中、思い通りに子供がしてくれなくて、「どうして、この子は?」と悩むかもしれません。そうです。この子=個です。自分と違う人間なんです。自分と違う魂なのですよ。良い子とは親にとっての都合の良い子になっていませんか?

 

目の前にいる子供達は、貴方を選んで産まれてきました。他の誰でもなく、貴方だからこそです。

 

例え五体満足な体で無く生を受けても、嘆き悲しまないで下さい。特に母親は責任を感じてしまいがちです。子供の痛みを我が身として受けてしまいます。

 

スピリチュアルの観点からしたら、マイナスな生などありません。ハンデを持って産まれてきた子は、輪廻の回数が他の魂より多く、数々の体験経験をされ輪廻してきています。魂レベルで言うと、親御さんより先輩の魂を持たれています。きっと、言葉で伝えるより生活は大変なこともあるかも知れません。それでも、親御さんに与える感動を持ち合わせて産まれてきています。親御さんの魂の成長に磨きをかけてくれる先輩の魂です。

 

親から子へ子から孫へ。残す事が出来るのは金銭面ばかりではありません。最終的には個々の想い出や生きざまです。次の世代に受け継いでいく。子供達に伝えて欲しい事の1つです。そんな環境で育った子は受け継いでいく命や御先祖様を大切にします。

 

 この日本という国も先人達からの授かりものであって子供達からの預かりものです。善き環境で過ごせる世であるように願うばかりです。

 

 

 

最後に

一人で悩まないで下さい。良い親になることばかりに意識を向けず子と共に魂の成長をしましょう。頑張り過ぎず、焦り過ぎずです。

 

-紅月ー

Please reload

特集

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新のお知らせ

January 12, 2019

January 5, 2019

December 31, 2018

Please reload

Archive